人気ブログランキング | 話題のタグを見る

外食でもマクロビ①

加工食品はご法度のマクロビ生活を始めたら、全部イチから自炊しないといけないのでしょうか?
3食自炊というだけでも、ハードルがちょっと高めだという方には、マクロビ食を食べられるレストランがお薦めです。

マクロビオティックの流行で、最近ではマクロビ食を売りにしたレストランが増えてきています。
例えば、伊勢丹新宿店にある『チャヤマクロビ』というレストランは、マクロビオティックをリードするお店として有名。

日比谷や横浜や鎌倉にも店舗があります。

月替わりのディナーコースは、6皿の充実ぶり。ランチプレートでも、スープやサラダのつく満足のいく内容です。

特に、有機玄米を使ったカレープレートは、2種類のカレールーから選べるので人気。
マイルドなルーとスパイシーなルーから選べます。

それに、なんといっても注目なのがティータイムメニュー。
午後3時から午後5時までのティータイムでは、マクロビ食のスイーツが楽しめます。見た目も味も申し分ない、おいしいケーキばかりですが、卵や乳製品・白砂糖などを使わずに豆乳やはちみつから作られているので安心です。

また、お店のオリジナル「テンぺバーガーセット」も人気。
大豆発酵食品であるテンぺを照り焼き風にしてバンズではさんだバーガーは、ぜひ試してみたい一品です。
# by 100manberry | 2012-08-25 23:40 | 日記

リセット食としてのマクロビ

マクロビが理想的な食生活であることは納得ですが、多くの働く女性の生活では、食事を100%自分の自由にすることはできません。忙しい朝に、ランチはデスクでコンビニ弁当、上司との飲み会に付き合いの会食など…。すべてをマクロビ食にするということは現実には難しいですよね?

そのような女性にこそお勧めしたいのが、「ちょいマクロビ」です。加工された食品を食べることが多い日常生活の中に、ちょっとだけマクロビ食を取り入れることで、デトックス効果を狙います。

「継続的に続けるマクロビ食は無理」という人でも、歓送迎会続きで胃が重い時期や、年末年始に「アルコールでちょっと内臓が疲れているかも」と感じたときに、一定期間取り入れることで、摂取しすぎた動物性たんぱく質などをいったんリセットし、胃腸を回復させることができます。

「何日間続けなければならない」というような明確なルールがあるわけではありませんので、「食べ過ぎて胃が重いな…」と感じたらスタート、食欲が取り戻せたらストップしてOKです。

「甘いものが恋しい」「お肉が食べたい」など、自然に食欲を感じられるようになれば、無理して我慢する必要はありません。
ちょいマクロビなら、週末だけからでも、気軽にトライできそうです。
# by 100manberry | 2012-07-08 02:21 | 日記

マクロビ食レシピ③

がっつり食べたい気分とマクロビ食の両方を実現する、コロッケ2種。

●もちきびのコロッケ
材料4人分
・もちきび 200g、・小松菜 100g、・ねぎ 1本、・全粒粉 大さじ3、・パン粉、・塩、・油

1.もちきびはさっと洗って水けを切ってから鍋に入れ、水350mlを注いで火にかける。煮立ったら蓋をして弱火で10分ほど。
2.小松菜とねぎは細かく切る。
3.1が炊けたら、小松菜とねぎを加えて混ぜ、再び蓋をして10分蒸らす。
4.塩で味付けしながら冷まし、8等分して楕円形に形を整えながら全粒粉を薄くまぶす。
5.全粒粉を同量で水でといたものに4をくぐらせて、パン粉をまぶす。
6.油を入れたフライパンで両面をこんがりと焼きあげたら、できあがり。

●里芋のコロッケ
材料4人分
・油揚げ 2枚、・里芋 200g、・セリ 1わ、・ねぎ 1本、・塩、・油

1.里芋は皮をむいて一口大に切る。
2.セリはざく切りにして、ねぎはあらく切る。
3.鍋に里芋とたっぷりの水を入れて茹でる。柔らかくなったら、セリを加えてさらに茹で、茹で上がったらざるにあげて水を切る。
4.熱いうちにボウルに移してねぎも加え、里芋をつぶしながら混ぜる。塩を入れて味を調える。
5.油揚げを半分に切って口を開き、4を詰める。
6.フライパンに油を熱して5を入れ、両面をこんがりと焼いたらできあがり。

盛りつけの際には半分に切って中身を見せると、ねぎの青みが見えて華やかになります。
# by 100manberry | 2012-06-06 02:07 | 日記

マクロビ食レシピ②

実際に作ったマクロビ食の中で、好評だったものをいくつか紹介します。

●全粒粉のお好み焼き
材料4人分
・キャベツ 400g、・にんじん 80g、・玉ねぎ 小1個、・全粒粉 200g
・だしがらの昆布 20g、・いりごま、・醤油、・青のり、・塩、・油

1) キャベツとにんじんを千切り、玉ねぎは薄切りにしてボウルに入れ、塩を軽くふりかけて混ぜる。しんなりするまでしばらく置く。
2) 昆布も千切りにしておく。
3) 1の野菜に全粒粉を入れて、野菜から出た水分を吸わせながらよく混ぜる。(粉っぽい場合には水を少し加える)
4) 昆布に醤油と塩で味付けしたものと、ごまを加えて混ぜる。
5) フライパンに油を熱し、4を流し入れたら中火でじっくり焼きます。片面にこんがりと焼き色がついたら、ひっくり返して反対側も焼いたらできあがり。
6) 青のりをふりかけて仕上げです。

お好み焼きに使った全粒粉ですが、痛むのが早いため、すぐに使い切らないといけません。
そこで翌朝に向けて作っておくとよいのが…

●山芋と全粒粉の蒸しパン
材料6個分
・やまと芋 50g、・人参ジュース 75ml、・てんさい糖 大さじ1、・全粒粉 50g、・油

1) やまと芋はすりおろしてボウルに入れ、人参ジュースとてんさい糖を加えたうえ、泡だて器で混ぜ合わせる。
2) 均一になったら、全粒粉を加えて混ぜ、最後に油を加えて混ぜる。(うちはここまでの工程をミキサーでやるので簡単です)
3) 耐熱性のカップに流し、蒸し器に入れて10分ほど蒸せば、できあがり。
# by 100manberry | 2012-04-26 02:41 | 日記

マクロビ食レシピ①

マクロビ食を実際に作る上で、いくつかの注意があります。

まず、野菜は皮をむかずに使うこと抗酸化物質として注目されているポリフェノールは、野菜や果物の皮に含まれていますし、ごぼうのアクには発がんを防ぐ成分が含まれていることも分かっています。

そのように野菜の皮やアクには重要な成分がいっぱい詰まっているので、まるまる食べることで、環境に適応する力を野菜からいただこうというのです。最初は抵抗があるかもしれませんが、きちんと火を通せば皮も柔らかくおいしく食べることができますし、むしろ味が濃くなって好評だったりもします。

次に、乾物は水で戻さずにそのまま使うこと。
ひじきや切り干し大根は、マクロビ食の重要な食材ですが、普段は水に浸して戻してから使っていませんか?

しかし、それではカリウムなどの重要な成分が水に溶けて出て行ってしまいます。
そこで、マクロビ食では乾物ももみ洗いをするだけでそのまま調理します。調理法によっては少し噛みごたえが残る場合もありますが、逆に味が出ますし、よく噛むことで満腹感も得られます。

そして、マクロビ食の主役ともいえる玄米。一般的に白米よりも消化が良くないと言われる玄米ですが、きちんと炊けば、消化しやすくなります。最近は炊飯ジャーにも「玄米炊き」機能がついているものも増えていますが、私のお気に入りは圧力なべ。もっちりとした甘味のある味になるのと、失敗が少ないので、玄米初心者は圧力なべで炊くことをおススメします。
# by 100manberry | 2012-03-06 07:00 | 日記